洋服についたカビの撃退法と予防方法

洗濯ものを干している 洗濯ワザ

洗濯ものを干している

久しぶりに出した洋服にカビができてビックリ

久しぶりに出した洋服に、ポツンポツンと白カビや黒カビが出来ていることがあります。
カビの状況にもよりますが、比較的簡単に洋服のカビは取ることができます。

洋服についたカビ取り方法のコツをご紹介します。

洋服についた白カビの撃退方法

白カビは、天気のよい日によく日にあてて乾燥させたあと、硬めの洋服ブラシや歯ブラシなどで生地を傷めないように軽くこすると落ちるはずです。

化粧を落とす時に使用するクレンジングシートで、軽く拭き取ると簡単に落とすことも出来ます。

カビを落とすときは、なるべく屋外で行うようにします。部屋の中で行うと、部屋の中にカビが浮遊することになってしまいます。

それでもカビが落ちないときは、キッチン用の中性洗剤を水に薄めてタオルなどの布につけ、カビの生えた部分をたたくようにして拭いていきます。
その後、洗濯できるものなら、すぐに洗濯機で洗いましょう。

黒カビになってしまった時の撃退方法

黒カビになってしまったら、せっかく買った洋服が色落ちして失敗したとならないように、クリーニング店へシミ抜きしてもらった方が良いです。

色や柄のある洋服なら酵素系の漂白剤。酸素系漂白剤はステンレス以外の金属に反応してしますので、金属製のファスナーやボタンとしてついてる衣類と服は利用できません。
白い洋服なら塩素系の漂白剤。
40℃程度のお湯に表示通りに薄め、1時間ほどつけこみ洗いをします。その後、カビのついた服を漂白剤ごと洗濯機に入れて、洗濯洗剤も加えて洗ってください。

間違った使い方では色落ちしてしまいます。酸素系か塩素系か必ずラベルを読みましょう。
塩素系と酸素系の漂白剤を一緒には使用しないでください。

洋服のカビを防ぐには

カビは、汚れやシミなどの栄養源に発生します。ですので、収納する前にクニーリングに出すなど、しっかりと汚れを落とすことが大事です。
一度でも着たら、皮脂やホコリなどが付着してしまいます。1度着ただけだからいいやと思わずに、しっかりと汚れを落としましょう。

また、保管中は収納の内部に湿気がこもって、カビが発生するのを防ぐため、時々ドアや引き出しを開けて換気することが必要です。
洋服を詰め込みすぎないのもポイントで、すのこなどを使って通気性をよくするよう心がけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました